BLOG学園前ブログ

髪を傷めてしまうNG習慣とその対策について☆彡

2020-0428

こんにちは☀️

クローバー学園前店

アシスタントの大江美穂です🐣

.

.

.

髪を傷めてしまうNG習慣とその対策

について

お話したいと思います🗝

.

.

①アイロン・コテの毎日づかい

ヘアアイロンやコテは高温の熱が

直接髪と接触するため、髪にとってかなりの

ダメージとなります💥

毎日続けていると、

タンパク質でできている髪は

タンパク変性という現象を起こし

切れ毛や枝毛の原因になったり

髪が硬くなってしまいます💦

▷▶︎▷対策▷▶︎▷

ヘアオイルを活用し、温度に気をつける

アイロンやコテの前にヘアオイルを使用するだけ

ダメージを軽減することができます🌟

また、温度は150度前後で十分です

毎日アイロンやコテを使わなくてもよい

ヘアアレンジで過ごす日をつくったり

髪の休息日を作ることをオススメします🌷

2B274026-D191-4CDD-B9E8-D5A628792239

.

.

.

②間違ったタオルドライ

お風呂上がりのタオルドライですが

ガシガシと拭き取っていませんか❓❓

濡れた髪は非常にデリケートなので、

髪と髪の摩擦

大きなダメージを与えてしまいます

▷▶︎▷対策▷▶︎▷

正しいタオルドライを習慣化する

髪をタオルで優しく挟んで

トントンと水を吸い取るように拭きましょう

無理に引っ張ったり

押さえつけてしまわないように注意⚠️

これだけでも日々のダメージケアになるので

今日からトライしてみましょう🍀

896D296D-ACFC-418F-9BCB-39EEB18608A0

.

.

.

③髪が濡れたまま就寝

髪は濡れたままでいることが1番危険です

濡れた状態はキューティクルが開いてしまうので

とてもダメージを受けやすい繊細な状態です

枕との摩擦でキューティクル

簡単に剥がれてしまいます

また、生乾きだと頭皮に雑菌を

増殖させてしまいます🦠

フケの原因になる菌を増殖させてしまい

フケの発生につながります

▷▶︎▷対策▷▶︎▷

乾かしてから寝ることを習慣化する

入浴後はなるべく早く

優しくタオルドライした後にヘアオイルをつけ

ドライヤーを10cmほど離して

頭皮から毛先の順番で乾かしてください

必ずヘアオイルやクリームなどを使って

ダメージを最小限にしましょう

.

.

.

最後までご覧いただきありがとうございます😊

オススメのヘアオイルと

オススメのタオル等もこちらからご購入いただけます

ぜひお試しくださいませ🌼

https://s4.aspservice.jp/careness/link.php?i=pg9n5hncs17b&m=mg9n0cf1cnde

LINEで送る
Pocket

TOP

©HAPPINESSS Co,.Ltd